中部人類学談話会第239回例会(170305)

みなさま

下記の要領で中部人類学談話会第239回例会(中部地区研究懇談会、南山大学人類学研究所共催)を開催します。
みなさま、ふるってご参加ください。

———————————–
南山大学人類学研究所「天文学と人類学の融合」第2回講演会
「人はいかにして時を知り、季節を愛でるのか―天文学と人類学の協働アプローチ―」

日時: 2017年3月5日(日)13:30~17:00
会場: 南山大学名古屋キャンパス S棟 S46教室

【プログラム】 
13:30 挨拶 後藤明(南山大学人類学研究所・所長)

13:40 講演1 谷川清隆(国立天文台・特別客員研究員)「文明の属地性の天文学
的側面に関連して」

14:50 講演2 佐藤吉文(南山大学人類学研究所・非常勤研究員)「古代アンデス
のひとびとは暦をどう数えたか」

15:50 コメント1 後藤明(南山大学人類学研究所・所長)

16:05 コメント2 高田裕行(国立天文台・専門研究職員)

備考: 入場無料、事前登録不要

問い合わせ先:

中部人類学談話会 <> 事務局
 中京大学現代社会学部岡部研究室気付
 E-mail: anthroch[at]gmail.com(@を[at]に置き換えています)
URL: https://anthroch.wordpress.com/
中部地区研究懇談会担当理事 佐々木重洋(名古屋大学)
中部人類学談話会会長 後藤明(南山大学)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。