日本沙漠学会からのお知らせ

2016年度秋季シンポジウムのお知らせ(添付ファイルのダウンロードはこちらです)

2016年 日本沙漠学会 秋季シンポジウムのお知らせ

日本沙漠学会では下記のとおり、2016年度の秋季シンポジウムを企画しています。
中部人類学談話会の皆様もぜひご参加ください。(参加無料 来聴歓迎)

日時:2016年10月15日(土)13:30~17:30
場所:名古屋学院大学「栄サテライト」第8講義室
   〒460-0008 名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル7階
   名古屋駅より地下鉄東山線2つ目「栄」下車。12、13番出口より徒歩1分

テーマ:「中央アジアにおけるラクダ牧畜―ラクダと人間の相互交渉の歴史と現状―」
プログラム:
13:30~13:40 趣旨説明 今村薫 (名古屋学院大学教授)
13:40~14:10 S.T., Nurtazin (Al-Farabi Kazakh National University, Professor)
Economic use of camels in Kazakhstan – past, present and future perspectives
14:10~14:20 R. Sala (Al-Farabi Kazakh National University, Professor)
Camels in the archaeology of Central Asia(今村による代読)
14:20~14:50 星野仏方(酪農学園大学教授)
気候変動とラクダの飼育―ラクダの生態学的特性における新知見
14:50~15:20 石井智美(酪農学園大学教授)
カザフスタンのヒトコブラクダとフタコブラクダの乳の季節変動
15:20~15:30 休憩
15:30~16:00 斎藤成也(国立遺伝学研究所教授)
ラクダのDNA分析
16:00~16:30 風戸真理(北星学園大学講師)
モンゴル人による定住地域と牧畜地域間の移動:通学・就職・自然災害に注目して
16:30~17:00 今村薫(名古屋学院大学教授)
カザフスタンにおける家畜ラクダの分布と牧畜技術の変遷
17:00~17:30 総合討論
18:00~20:00 懇親会(モンゴルレストラン 「シンキロー」にて)

出席申し込み先/今村薫 Email: imamura(at)ngu.ac.jp
【出席申込方法】会場準備の都合で恐縮ですが、10月7日(金)までに、下記1.~4. に
ついて記入の上、Emailで今村までお申し込みください。円滑な運営のため、
事前申し込みにご協力いただけますと幸いです。

1. 氏名
2. 所属先
3. 秋季シンポジウムへの出欠
4. 懇親会への出欠

シンポジウムの詳細や会場については、添付ファイルをご覧ください。

名古屋学院大学
今村薫

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。