20100211: オセアニア学会プログラム(3月17−18日開催)

第27回日本オセアニア学会研究大会・総会次第

3月17日
11:00~12:00       理事会
12:00~13:00       評議員会

12:00     受付開始
13:00-13:10         会長挨拶と事務連絡

研究発表
13:10-13:30
         川崎和也「家屋から個室へ:アボリジニ、ティウィのキョウダイの住み方の現状をめぐって」
13:30-13:50         高橋玲  「南アジア系ディアスポラの文化とアイデンティティー:インド系フィジー人を中心に(仮題)
13:50-14:10         石村 智 「オセアニアにおける文化的景観」

14:10-14:20         休憩     

14:20-14:40         山本真鳥 「ニュージーランド在住太平洋諸島出身アーティストのアート活動」
14:40-15:00         荒木晴香 「ツバル・ニウタオ島のチーフ制度に見る「伝統文化」の復興」
15:00-15:20         江戸淳子 「カナク口承の遺産―チバウ文化センターのプロジェクトから―」
15:20-15:40         宮里孝生 「多文化共生時代における民族展示の意味-野外民族博物館リトルワールドの模索」

15:40-15:50         休憩     

15:50-16:10         飯高伸五 「アンガウル島における燐鉱採掘と太平洋戦争の記憶」
16:10-16:30         里見龍樹 「現代メラネシアの海上居住民における移住/歴史/社会性:ソロモン諸島マライタ島北部のラウの事例から(仮)」
16:30-16:50         立山博邦 「ドゥクドゥク・マスク(ニューブリテン島)収集に関する歴史的考察(仮題)」

17:00-18:00         総会     

3月18日                       
9:00-9:30             石川榮吉賞授賞式と受賞者講演     

9:30-9:50             塚原高広 「パプアニューギニア東セピック州におけるヘルスボランティアの導入」
9:50-10:10           馬場淳     「パプアニューギニアにおける法主体の誕生-福祉事務所での対話過程と権力作用」
10:10-10:30         新本 万里子「月経小屋の消滅と高床式家屋の出現――パプアニューギニア、アベラム社会の性と「家族」――」
10:30-10:50         深川宏樹 「友好関係を修復する調停と報復手段としての村落裁判:ニューギニア高地エンガ州における争いの事例から」

10:50     終了     

11:00     リトルワールワールド・エクスカーション出発

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。