20071027 中部大学国際関係学部シンポジウム開催のご案内

2007年10月27日
各 位
中部大学国際関係学部シンポジウム開催のご案内
拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、中部大学国際関係学部では、毎年「国際関係学部シンポジウム」を開催しておりますが、今年度も来たる11月17日に中部大学名古屋キャンパスで開催いたします。
明治以来、日本人は欧米から様々なことを学んできましたが、そこでは留学というものが重要な役割を果たしてきました。しかし、その後日本が先進国の仲間入りを果たし、さらに交通・通信が高度に発達してきた中で、日本人が留学することの意味は変化してきているといえるのではないでしょうか。そこで、今回の学部シンポジウムでは『いま留学を問い直す – 日本人が欧米で学ぶということ』と題して、現在の日本人の欧米留学の意義について再考してゆきたいと考えております。
まずは基調トークで、日本を代表する国際政治学者の河合秀和と同じく社会人類学者の長島信弘(ともに中部大学国際関係学部教授)が、それぞれ若かりし時にイギリスのオックスフォード大学で学んだ経験をふまえて留学の意義を語り合い、これを受けてパネルでは、最近イギリスに留学した若手研究者のコメントをこれにぶつけて、現在そして未来にわたって日本人が欧米の大学で学ぶことの意義を問い直していきます。また、中国琵琶奏者で中部大学国際関係学部講師の宗ティンティンによる演奏と自らの留学体験に関するトークショーも行います。
今回のシンポジウムは研究者のみならず、留学を志している学生の皆さん、そして一般の方々にも興味深くお聞きいただける内容であると存じます。皆さまには、ご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
敬具
中部大学国際関係学部
学部長 宮本正興

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。